学費延納したい。払えない時の体験談と対策を真剣に答える




あなたは学費が払えないから学費を延納したいと考えていますか?

通常通り支払えないことで学費延納したほうがよいのか、やり方、等々不安もあるでしょう。

でもその問題からいつまでも逃れることができませんね。

今回はそんな問題に直面した人たちの体験談とそれに対する答えを真剣にをお送りしますね。

奨学金の学費を使い込んでしまった方の体験談1

質問

後期の学費を延納手続きしました。

そして納入期限を伸ばしてもらえました。

しかし、私はそれまでに払えず3ヶ月後になら払える状況です。

理由としては、奨学金で学費を払っているのですが、使い込んでしまったのです。反省しています。

親にはばれたくないのですが、どうすればよいでしょうか?

回答

学生ローンみたいな所で借りて、その後の奨学金で返済するしかないでしょう。

使い込んでしまうのは本当に自分のせいなのでよく反省したほうがよいですね。

学費払えないため学費延納したいが理由に困ったの体験談2

質問

学費延納の手続きをしたいのです。

延納理由に困っています。

自分は奨学金を借りています。

ところが去年弟の高校受験があり、その受験費や予定外の併願校の入学手続き金の一部(公立に合格しましたが、支払いしたお金は戻ってこない学校でした)として自分の奨学金から母がお金を使いました。

元々ギリギリの金額を借りていたため、学費が支払えなくなったのです。

これは延納理由になりますでしょうか。

またどのように纏めたらいいのでしょうか…。

延納期間内には必ず支払えるのですが、厳しいですか?

回答

大学により異なりますね。

普通 延納理由は 災害 保護者の病気 失職 などになります。

あなたのような個別的な理由は斟酌しません。

しかし入学金(これは支払い済みですね)は別にして前期支払いの学費は3か月ほどは簡単に延納できるはずですよ。

理由はグダグダ言わず、家族が入院してその治療費がかさむなど適当に言えばよいいでしょう。

学費延納で更に払えない状態の体験談3

質問

今現在後期の学費を延納してしまっています。
今月の中旬には払えますと一ヶ月半遅れて払うつもりだったのです。
ところが、予定外にもちょうど体調を崩してしまいまいた。

アルバイトに一ヶ月間あまり入れなかったため、もちろん学費が足りずに払えないのです。
親や親戚には自分で払えないなら辞めろと言われました。

借りれないので2度目の延納が可能ならば申し出たいと思っています。

普通同じ学期に2度目の延納は可能なものなのでしょうか?
ご回答宜しくお願い致します。

回答

学年によって違うと思いますよ。
4年だったら、救済の手が差し伸べられるような気がします。

しかし1年であれば、早々と断られる可能性も高いですね。

いずれにしても学校に相談すべきですね

学費が払えない時は学費延納を活用しなんとか払うしかないのではないでしょうか

学費延納を活用したら、払えない状態を早く立て直しましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です